イチジクはプランターでも栽培できる?

イチジクの甘みに魅了されて、栽培に興味を持つ方も多いのではないでしょうか。
イチジクは、プランターでも栽培が可能です。
プランターで育てるには、まず、日当たりの多いところに置きましょう。
温かい地域の植物ですので、冬季には寒さを避けることも重要です。

 

冬には、風があまり当たらないところへ移すなどしましょう。
肥料は元肥に有機固形肥料、追肥に緩行性の化成肥料を与えます。
元肥は9月から11月まで、追肥は1月から3月あたりに与えます。
剪定は実がついた後の枝を切ります。
新しく伸びた枝に実が付くため、新しい枝を避けて切っていきます。

 

実がついた後の枝を覚えておくと、迷わず剪定出来ます。
2年目以降の枝は問題なく切ることができます。
また、害虫にはよく注意する必要があります。
枝をよく観察して、穴が開いていれば殺虫剤を注入しましょう。
イチジクは、ポイントを抑えれば、プランターでも簡単に栽培することが出来ます。
プランターでの栽培にぜひ挑戦してみてください。
日当たりがよければベランダでも作れます。

 

 

イチジクを栽培しても実がならないのはどうして?

イチジクの栽培に挑戦しても、花つきが悪く、どうしても実がならないということがあるのではないでしょうか。
実がならないのは、いくつかの問題点があるのかもしれません。
まず、正しい栽培方法を確認しましょう。
イチジクは、温かく日照の多い地域が原産地であるため、日当たりのいい場所に植えましょう。

 

鉢植えならば十分な日当たりに移動し、冬の強い風も避けた方が良いでしょう。
イチジクは新しい1年目の枝に実を付けるため、2年目以降の枝を剪定します。
枝の混み合ったところを切ってください。
土壌の乾燥も問題になります。
梅雨明けあたりに水分不足が続くと、実の成長が遅れることがあります。
梅雨開け後の乾燥に注意し、朝と夕方に水やりをしてください。
鉢植えならば根本に藁を敷いて、乾燥を防ぐのも効果的です。
最後に害虫です。

 

栽培してしばらく経つのに実がならないなと思ったら、枝が枯れてきたりしていませんか?
その場合は害虫のカミキリムシの食害が疑われます。
枝を観察すると穴が開いていますので、穴に園芸用の殺虫剤を注入します。
糞が付いている穴を狙ってください。
イチジクはポイントを抑えて栽培すれば実を多く付けますので、うまく栽培して楽しみましょう。

 

 

イチジクの栽培方法は品種によって違う?

イチジクの栽培方法は、品種によって、6月から7月に実がなるものと8月から10月になるもの、どちらの時期にも収穫できるものがあるので、その点だけ注意すればそれほど大きな差はありません。
イチジクには、食物繊維やビタミンB群、ビタミンC、カルシウムやカリウム、鉄など豊富な栄養素があり、便秘の解消やコレステロール値、血糖値を下げる効果が期待出来されます。

 

このような優れた栄養価を持つイチジクを、健康のサポートとして食べたり、栽培する人が増えています。
イチジクは、比較的育てやすく、寒さと害虫に気を付ければ栽培も難しくありません。
寒さに弱い品種が多いので、北海道や東北などでは鉢植え栽培にしたほうが越冬してくれます。
肥料をやるタイミングも覚えてしまえば難しいものはなく、1本植えるだけで実がなってくれる点も、初心者に育てやすくなっています。
それぞれの地域で育てやすい品種が園芸店で売られていますから、参考にするとよいでしょう。
イチジクの栽培に成功して実がなったら、そのまま食べるだけでなく、様々な調理方法にチャレンジするとたくさんなる実を飽きずに食べることができます。

 

ジャムなどに加工すれば日持ちもして保存することができます。

 

 

土壌の調整が必要?

イチジクの栽培をするときは、土壌の調整が必要になります。
イチジクは、家庭でも育てやすい果樹です。
別の株を2種類植える必要も無く、収穫時期が異なる品種があります。
品種には、夏に成熟する夏果専用種、秋に成熟する秋果専用種、夏と秋の両方の時期に成熟する夏秋兼用種があります。
夏果専用種は、成熟期が梅雨の時期と重なるので腐りやすくなるため、秋果専用種か、夏秋兼用種がおすすめです。
品種によっては果実の付き方が違うので、剪定の方法も変える必要があります。

 

耐寒性がやや弱いので、寒い地方では耐寒性のある品種を選ぶとよいでしょう。
栽培は、庭植えや鉢植えで行なうことができるので、市販の苗を利用するとよいでしょう。
植え付けは冬の休眠期に行います。
肥沃な土壌が適しており、弱アリカリ性から中性の土壌を好むため、石灰などで、毎年酸度調整をする必要があります。
イチジクは、古くから不老長寿の果実と言われて、美容や健康のために食べられています。

 

ミネラルやアミノ酸、食物繊維が豊富に含まれており、便通によく、腸内環境を良くするので、代謝性の疾患や、美肌効果にも影響を与えてくれます。
食し方には、生食やジャム、ドライフルーツとしても楽しむことができます。

 

 

イチジクに関係すること

イチジクの栽培をするのも良いですし、買うというのも良いですよね。
また、イチジクには様々な効果が期待できるということもあります。
例えば、イボの対処法として、イチジクが登場することもしばしばです。